交通事故被害でお困りでしたら、お気軽にご相談ください。

立川の弁護士による交通事故相談

運営主体:虎ノ門法律経済事務所 立川支店内 弁護士 清水徹
〒190-0012 東京都立川市曙町2丁目32-3 立川三和ビル601

お電話でのお問合せはこちら
080-7690-0930

 ※11月8日からはTEL : 042-595-7170(直通)

受付時間
10:00〜18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

弁護士に相談する必要ってあるの?

保険会社の担当者から示談金額の提示があったのだけど,保険会社の人も親切だし,これで良いんじゃないかしら。相談したら相談料がかかるし,依頼したら弁護士費用だってかかるでしょう?

弁護士が介入した場合,慰謝料などの損害賠償額がどれだけ増額するかの見通しが立てられます。

保険会社は任意基準といって,裁判よりも低い相場での賠償額の提示しかしてきません。弁護士は訴訟での相場に近づけるため,あなたに代わって交渉します。

慰謝料についてはとくに増額が見込めます。

提示された賠償額が果たして妥当か,一度弁護士にご相談することをお勧めします。

保険会社の担当者の中には横柄な担当者もいますが,本当に優秀?な担当者は,被害者に親切に接します。なぜなら,そのほうが弁護士が介入してこないため賠償額を増額されずにすむからです。

相談料は基本的に無料のところが多くなってますし,弁護士費用については,ご加入されている保険に弁護士費用特約が付帯されているのであれば,保険から支払われるのて心配する必要ありませんよ。

弁護士に依頼すると賠償額が増額するのはなぜ?

弁護士に依頼すると賠償額が増額する,ということがよくホームページに書いているけど,どうして?

保険会社は訴訟を提起されてしまう可能性があるからです。

弁護士は訴訟における賠償額の相場に近づけるため,あなたに代わって交渉します。合意がまとまらない場合,保険会社は訴訟を提起されるおそれがあります。もし訴訟を提起された場合には、保険会社も弁護士に依頼せざるをえないですし,時間もかかるので,経済的合理性が乏しいとみられる場合には譲歩しほうがトクだからです。

インフォメーション

お問合せ・ご相談
080-7690-0930

お問合せはお電話・メールで受け付けています。
メールでのお問合せは24時間受け付けております。

受付時間/定休日
受付時間

10:00〜18:00

定休日

土曜・日曜・祝日(応・相談)

時間外・土日祝日のお問合せは、メールをいただければこちらから折り返しご連絡させていただきます。

営業時間外・土日祝日の相談についても、可能な限り対応できるよう調整致します。

アクセス

〒190-0012 
東京都立川市曙町2丁目32-3 立川三和ビル601

 JR中央線・南武線「立川駅」
   徒歩6分
 多摩都市モノレール「立川北駅」   徒歩6分

 

- 6405A8D841166C40E81AD70B18F0CA70